東神楽蔬菜組合

トップページ
●栽培方法
●栽培品目
●栽培シーズン
●お問い合わせ
栽培日記
組合の概要
お客様からの手紙





新緑愛菜 北海道
イメージキャラクター ナッパちゃん

栽培方法

昔なつかしい野菜の味がする ミネラル栽培
ほうれん草の若芽 水菜の収穫作業
ミネラル分をたっぷり与えます。

動植物からつくられた有機質肥料に鉄、マグネシウム、マンガンなど植物に必要な10種類のミネラル成分をたっぷり与えながら、農薬や化学肥料の多投は避け、土壌をより活性化して「本物」の農作

物を育てる取り組みが「ミネラル栽培」です。健全な土づくりを基本に、栄養や味、安全にこだわって私たちが育てた「ほうれん草」をどうぞご賞味ください。

ほうれん草の若芽はたっぷりの栄養と水が与えられ、スクスクと育てられます。 水菜の収穫作業。組合員全員で協力しながら出荷作業に取り組みます。



栽培品目

水菜画像
ほうれん草画像
水菜
 
ほうれん草
葉は柔らかく、茎はシャキシャキと歯触りがよい水菜。生のまま食べてもクセが無く、サラダや鍋物など幅広い料理にご利用いただけます。

  季節によって違う数種類の品種を栽培しています。夏でも茎が柔らかく、ほうれん草本来の美味しさが凝縮された、なつかしい美味しさです。おみそ汁やお浸しでお召し上がりください。


栽培シーズン

4月下旬〜11月中旬
4月の東神楽町はまだ肌寒く、時々雪がちらつくことも。水菜やほうれん草たちはビニールハウスの中でスクスク育ちます。桜はゴールデンウィークが終わった頃に咲き始めます。7月は30度を超える日が続き、北海道も夏真っ盛り。湿度が低くさわやかな気候の中野菜はグングン育ち、収穫の最盛期です。11月は初雪が降り、朝夕水たまりが凍るほどの寒さです。暖房が入れられたビニールハウスの中で今年最後の野菜が収穫されてゆきます。



感想をお寄せください

〒071-1514 北海道上川郡東神楽町北2条東2丁目3-1(株)柳沼内 東神楽蔬菜組合 TEL:0166-83-2136 FAX:0166-83-2125 E-mail:QZE15072@nifty.com


トップページへ